Case Study

Panasonic

動いて喋るアニメFAQ-bot

Abstract

動いて喋るアニメFAQ-bot:結(ゆい)

  • クライアント:パナソニック株式会社

  • 開発形態:ベンダーとの協業

  • 技術キーワード:自然言語処理、自動生成

調査
企画
要件定義
PoC
導入
PR

会員サイトの集客およびこれまでにないチャットボットの開発依頼があり、ただ便利なだけでない楽しめるコンテンツにすることで、他社と差別化したFAQ代行サービスを実現しました。
数千に及ぶレスポンスパターンを設計・執筆し、アニメーションや声と連携させています。レッジは全体設計とプロデュースをおこないました。

Project Timeline

ヒアリング、企画提案

2ヶ月

会員サイトの集客目的として提案。若年層へのリーチ最大化を目的 として、FAQそのもののコンテンツ化を企画・設計しています。

データ整理、モデル構築

4ヶ月

無数に存在する商品に対する対応、各インテントに対するアニメーション、ボイス、雑談対応などを精密に設計しました。

評価検証

1ヶ月

導入

1ヶ月

Contact

話すことから始めましょう

AIのビジネス活用には「こんなことがしたい」という“発想”の部分と
「具体的にどう実現していくか」という“実装”設計の両輪が必要です。
AIで何ができるのか?といったところからでもお気軽にご相談ください。

株式会社レッジ

〒141-0031 東京都品川区西五反田二丁目30番4号 BR五反田7階
03-6431-8672