Case Study

エコルシステム - 樹種判別AI

Abstract

葉から樹種を判別するAI

  • クライアント:株式会社エコルシステム

  • 開発形態:自社開発

  • 技術キーワード:画像認識

調査
企画
要件定義
PoC
導入
PR

公園の樹木管理には、樹種ごとの専門知識と適切な手入れが必要です。ベテラン層の退職や技術継承の課題解決を目指し、葉の画像から、樹種を判別するAIアプリ開発のためのPoCを実施しました。スマートフォンで撮影した画像から樹種を判別できるよう、データ前処理を工夫しています。レッジはプロジェクト全体の企画から開発までおこないました。

Project Timeline

ヒアリング、企画提案

1ヶ月

「葉から樹種を判別したい」という依頼内容からヒアリングを重ね、目指す将来像から、まず期間内にすべきことを明確にしました。

データ整理、モデル構築

1.5ヶ月

実証実験では、IBM WatsonVRを使用することで、本当に検証すべき点にフォーカスし、短期間での検証を実現しました。

評価検証

2週間

Contact

話すことから始めましょう

AIのビジネス活用には「こんなことがしたい」という“発想”の部分と
「具体的にどう実現していくか」という“実装”設計の両輪が必要です。
AIで何ができるのか?といったところからでもお気軽にご相談ください。

株式会社レッジ

〒141-0031 東京都品川区西五反田二丁目30番4号 BR五反田7階
03-6431-8672